Our Story

Phillosophy

欲望を満たす最高のスパイス

理想とする生活空間を完璧なまでに求めることは、要、不要という選択において、不要であるかもしれません。しかし、このムダとも云える行為を自らの欲望を満たすために真剣に繰り返すことで、人類は生活を豊かにし、幸福感を手にしてきました。 現在、私達の生活はどうでしょうか。このムダに対して真剣に取り組んでいるでしょうか。あらゆる理由から妥協してはいないでしょうか。日常生活を豊かにし、家族を幸せにする一助となるインテリアを妥協して良いのでしょうか。

 

サンスクリット語で、TRISHNA(トリシュナ)は「欲望」、JIVANA(ジバーナ)は「生活」を意味します。TRISHNA JIVANAという名は、人の心のなかにある「こうしたい」という根源的な欲望(TRISHNA)が文化を発展させ、日常の生活(JIVANA)をはじめとした、身の回りの環境をより快適な場所へと導いてきたことを根拠としています。

TRISHNA JIVANAは、生活空間を築くプロセスの中で、お客様の趣向と欲望に対して私達が可能な限り対応することで、より満足度の高い創造的な空間を築くことを使命としています。そのために、ひとつのスタイルに固執せず、家具に使われる木や金属と言った主要な素材や体に触れる張り生地、用を満たす機能においても多様な価値観を持たせ、異なるものがバランスを保ちながら存在することをブランドの在り方としています。さらに、主たる商品を国内で受注体制をとることで、住まいに合ったサイズ変更にも柔軟に対応するよう心がけていきます。そして、家具という「もの」を手にすることが、お客様の欲を満たし、生活の中で新しい「経験」を経てさらなる欲望を生み出すことで、お客様の未来へと繋がっていくと信じています。

 

TRISHNA JIVANAのシンボルには、紀元前よりインドからヨーロッパに輸出され、長い間最高のスパイスとして普遍的に人の舌を満足させてきたカルダモンを記しています。このシンボルには、お客様が持っている欲求や私達が提供する家具やサービスの一つ一つが、生活空間を創り上げるためのスパイスとなり、 TRISHNA JIVANAがそのホスト役としてそれらを調合する事で、私達自身が「最高のスパイス」となり、お客様の欲望を満たすためのパートナーでありたいという願いが込められています。

Inspiration

欲のはなしをしましょう

私たちは、皆様の心の内にある“欲”を大切にしていただきたいと思っています。多くの場合、欲をあらわにすることは不躾で他人に良い印象を与えません。しかし、欲がなければ幸せな時間を手にする事も難しいのではないでしょうか。生活を楽しく豊かにしていく過程には、大きからずとも必ず何かしらの欲望があり、それが目に見えるかたちで芽を出し成長し、実現へとつながっていくと思います。

 

ゆっくりと読書をしたい。つまり、それは知的欲望を満たしたいということ。あるいは家族とともに温かな食卓を囲みたい。それは何かに守られ安らぎが欲しいという欲望。自分らしい空間で暮らしたい。それは自我を創造・構築し達成したいという欲望。 皆様が持っている漠然とした欲望にはそれぞれに相応しい生活や空間、インテリアの在り方が存在すると考えています。皆様の心にあるひとつひとつの欲が、理想とする生活空間を描き出し、それを具現化し欲が満たされることが、皆様が本当に求める幸せな時間であり、暮らし方であると考えています。

 

私たちは、皆様の欲を素直にお話していただきたいと思っています。それが、生活をそしてインテリアを築いていくはじめの一歩だと考えるからです。そしてゆっくりと会話をしながら、欲望が描く漠然とした理想の生活イメージの実現に少しでもお役に立てればと思っています。 ぜひ、一緒に皆様の欲のはなしをしましょう。

Design

ECLECTIC STYLE(折衷スタイル)

素材、機能、スタイルにおいて多様な価値観をもつ私たちの家具がバランスを取り合い融和しながらあなたの欲望に応えます。気に入ったものとの出会いは、時間や場所、気分によって異なりますので、何か一つの型にははまらないのが普通です。あなたの個性が集めた様々な表情をもつもの、時代や場所がもつ様式、そうした空間に無理なく溶け込むのがトリシュナジバーナが提案する国内外の選りすぐりの家具です。

 

多様な価値観と暮らしの受け皿となる家具の在り方、それは構造からくる普遍的な線とかたち、永い時間を共にする心地よい素材の選択、身体に適切なサイズ感など、家具をかたちづくるあらゆる要素に素直に答えることだと考えています。そうした意志のひとつひとつが、暮らしに寄り添う家具の存在感として、生活の中で少しづつ滲みでてくるものだと考えています。

Material

適材適所で本物の素材を活かす

トリシュナジバーナの製作する家具は、本物の素材であること、素材が活きる仕上げを施すこと、年月を経て経年変化を楽しめること。もちろん素材感を追求すると同時に、家具の持つ機能を全うすることも考えなければなりません。そのような条件の中で木材には、オークやウォールナットなどの無垢材と突き板材を適材適所で使用しています。また、オーク材の質感や色味がより魅力的に見える「白化粧仕上げ」を採用するなど、仕上げの方法にもこだわっています。また、より細いラインで強度が必要なパーツには、スチールを使用するなど、一つの素材にとらわれることなく、その組み合わせをデザインに取り入れるのがトリシュナジバーナの特徴です。

 

ソファや椅子の張り生地は、家具をより魅力的に魅せる大切な要素であるという考えから、デンマークの「Gabriel」やイギリスの「Camira fabrics」など、世界各地からよりすぐりの200種を超えるファブリックと10種類以上の天然皮革をご用意しています。その中から素材や価格、色など様々な観点からお客様に相応しいものをご提供いたします。

Production

支える技術・確かな製作現場

日本の確かな技術があなたの生活を支える家具を仕立てます。北は北海道から南は九州まで日本各地の工場を訪ね、得意とする技術や商品、素材を見せていただきました。そうした中から私たちの商品開発に必要な工場、職人の方々に腕をふるってもらい、私たちの、皆様の家具がつくられています。

 

特に日本有数の木工家具産地である北海道の旭川にて、多くの家具を製作しています。経験豊かな職人が、自らの手と機械を適材適所に扱い、ひとつひとつの工程を丁寧に経た家具が、皆様の暮らしの一部となって人生を彩り、共に年月を重ねていきます。

Service

トリシュナジバーナ・クチュールサービス

お客様の思い描く理想の生活を具現化し、より住みやすい空間づくりをお手伝いするのが、トリシュナジバーナの「クチュールサービス」です。このサービスでは家具だけではなく、照明、カーテン、グリーン、アート等の空間を構成する様々なエレメントを含んだトータルプランニングをご提供いたします。

 

また、商品のサイズ変更や素材、塗装のセミオーダーをはじめ、お客様のご要望や条件にあわせた特注家具のご提案など、デザインから製作まで一貫して対応いたします。さらに、張り替えやリペア等のメンテナンスまで、家具を通したきめ細かなサービスを心がけています。

 

 

Project

コントラクト事業

個人住宅やマンションのモデルルーム、ホテルやオフィス空間など幅広い分野でプロジェクトに応じた対応が可能です。一般のお客様からインテリアデザイナー、建築設計者等のプロユースの方々まで、案件に応じて専門知識に基づいた適切な家具や素材、デザインをご提案いたします。ある程度お客様とのイメージが共有できた段感で、図面の製作、塗装サンプル等、製作現場との調整を行い、承認をいただいた段階で実製作に入ります。製作完了後も、現場での搬入から施工まで一貫して対応いたします。

 

特徴のある素材や加工、特殊な塗装など、皆様のこうしたいという欲望を大切に可能な限りかたちにいたします。